FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスベガス旅行記(3日目ーその7) 夕食-TODAIバフェ

フォーラム・ショップスで買い物した後、プラネット・ハリウッド・ホテルに戻ってきてから一度、荷物を置きに部屋に戻りました。

それから慌てて、和食バフェのTODAIへ向かいました。

TODAIは、プラネット・ハリウッド・ホテルに隣接しているミラクル・マイル・ショップスの中にあります。

TODAIバフェは、昼間にファッション・ショーのTIX4TONIGHTで、割引チケットを購入してます。

僕としてはバフェはゆっくりと食べたかったのですが、この後7時からSTOMP OUT LOUDを観る事が決まっているので、あまりゆっくりと食事できないのが残念でした。

店内の様子です。

まずは、1皿目。

メニューはシーフードが中心で、お肉はほとんどありません。

写真のお肉は「KOREAN BBQ(コリアン・バーベキュー)」という名前です。

要するに「骨付きカルビ」です。

でも味はイマイチでした。

初日にパリスのバフェで食べたお肉の方が美味しかったです。

目玉はカニです。

カニの種類はパリスのバフェのカニと同じく「日本でいうところのずわいカニ」でした。

ちょっとだけ「タラバカニ」を期待してたのですが、食べ放題ではやっぱり無理でした(笑)

ここのカニは切れ目は全く入っていません。

カニを割るのがあるので、これを使って身を取ります。

でも「タラバカニ」のような殻の厚さが厚いものはいいんですが、このカニのような殻の厚さが薄い場合は、普通のキッチンハサミの方がいいですね。

こちらはお寿司コーナーの写真

お寿司は、カリフォルニア・ロールのような「逆巻き寿司」と「軍艦」が多かったです。

一応「握り寿司」もありました。

「いなり寿司」もありました。

でも、味はやっぱりイマイチ・・・。

日本の100円寿司の方がずっと美味しいです。

「刺身コーナー」もあり、刺身も「マグロ」などがありましたよ。

あと「うどん」もあって、カウンターに行って頼むとその場で作ってくれます。

僕も食べてみましたが、「うん。普通に日本で食べるうどんと同じ味だ」という感じです。

全体的な感想としては、僕はイマイチでしたね~~・・・。

「日本食」として見ると「やっぱり日本で普通に食べた方が美味しい」です。

「アメリカ料理」としてみると「どうにも中途半端」な感じがします。

長期間アメリカに滞在していて、「たまには日本食食べてみたい」という人には「うどん」もありいいのでしょうが、「日本から観光でラスベガスに来た人」にとってはあまりよくないような気がします。

僕はTODAIに行くなら、普通にホテルのバフェに行って「お肉デッカイ~~」「ケーキ甘過ぎる~~!」なんて言いながら食べた方がいいと思います。

TIX4TONIGHTで割引チケットを買っていったので、1人21.95ドルになっています。

でも、TIX4TONIGHTの手数料として1人2ドル支払っているので、実質23.95ドルでした。

定価が27.95ドルなので、安くなったのは4ドルだけですね。

<TODAI バフェの価格>

ランチ:11:30am - 2:30pm

$17.95 (月曜~金曜i)

$19.95 (土・日)

夕食:

$27.95 (月曜~木曜)  5:30pm - 9:30pm

$29.95 (金曜~日曜)  5:30pm - 10:00pm

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

コメント

ありがとうございました。

シルクドソレイユの格安チケット情報ありがとうございました。お礼が遅くなりスミマセン。いつも楽しみにしていますので、これからも更新お願いしますね!また、色々教えてもらっても良いですかぁ?

No title

コメントありがと~ございます。
何か聞きたい事などありましたら、お気軽にどうぞ~。
僕でわかる事ならお答えさせてもらいます

TODAI

TODAIってわりかし高いですよね!
ドリンク別料金だし。
数年前に母と1度行きましたが、それ以来行ってません。
うどんやラーメンや鉄板焼をその場で作ってくれるのは
楽しかった記憶があります。
でもバフェって日本人には不利ですよねぇ。
日本人料金とかないものかしら。

No title

TODAIは高かったですね~。
シーフードって事だからなのかな。
バフェは確かに周囲の食べっぷりを見てると「・・・全然元とってない~」って気になっちゃいます(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。