FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスベガスに持っていくと便利なもの(液体濃縮コーヒー)

前のブログにて書いた「保冷バッグ」との合わせ技となりますが、

夏のラスベガスにもって行くと便利だったものとして「液体濃縮コーヒー」を紹介させてもらいます。

これがあるとあとは「冷たいお水」さえあればいつでも超簡単にアイスコーヒーが飲めます。

ポイントは「粉末じゃなくって液体である事」です。

ラスベガスのホテルは「湯沸かし器」もないのも普通ですので、「お湯」は手に入らないので、粉末だと「溶けないでダマダマになってしまう~~」という恐れもあります。

でも液体ならば「キンキンに冷えたお水を入れてもダマダマになる心配はナッシング」です。

無糖の濃縮液体コーヒーとガムシロップとスジャータを持っていけば、「甘さの調整、クリーム入りなし」も好みに合わせて自在にコントロールできます。

「保冷バッグ」と合わせて、僕にとっては大活躍したものでした。

僕は他には「暑い夏にはポカリスエット!」って事で「粉末ポカリスエット」も持っていったのですが、これは作る機会がなかったので飲みませんでした。

これは粉末でもお水にサッと溶けると思うので、作る際は、ペットボトルに粉末ポカリスエットを入れ、蓋をしてあとは「シェイク!シェイク!」すればできるんじゃないかな~?と思ってます。

(でも、この方法は実際にはやった事はないので、ホントにうまくくかは未確認です)

水に溶ければOKなので、探してみると、もっと色々なバリエーションの飲み物がありそうですね。

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。