スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスベガス旅行記(1日目ーその7) プラネット・ハリウッド ホテルのチェックイン

プラネット・ハリウッドホテルに着きました!

プラネット・ハリウッドは、フロントが地下にあるので、車も地下へ向かいました。

HISの現地係員より渡されたチケットを持ってフロントへ行き、チェックインです。

数組の宿泊客が並んでいましたが、すぐに順番となりました。

この旅行でまともに英語で会話するのはこれが始めてなので、もうドキドキでした!!

はるか昔の事になりますが、語学留学で1年程海外で滞在した事があったので、当時は日常会話には聞くのも話すのも困らない程度までは覚えた事があったのですが、今はもうダメです・・・・。

「ベットの数は1つ?2つ?」「喫煙?禁煙?」と聞かれました。

あと、IDの提示を求められたのでパスポートを提示しました。

それからフロントの人がカチャカチャと端末を操作しはじめたので、「ストリップ・ビューの部屋に泊まりたいんだけど」とリクエストしてみました。

すると「りょうかい。ストリップ・ビューの部屋を用意できるよ」とのお答えが!

やった~~~!!!

カードキー2つとプラネット・ハリウッドのクーポン券が渡されました。

部屋番号は「2489」。24階となりました。

Planet Hollywoodのカードキー

日本のビジネス・ホテルのカードキーは紙製のペラペラのものが多いですが、これはプラスチック製のキッチリとしたカードキーになっています。

チェック・アウト後は、記念に持って帰ってもOKです。

地下のフロントからエスカレータに乗って上がってみると・・・。

そこはカジノのど真ん中!

ちょっと迷いつつも客室へのエレベータに乗り、部屋の中へ!!!

ふぁぁぁぁ~~~!!!!!

や~~~っと到着で~~す!!!!


(最初わからないで、とりあえずエスカレータに乗ってカジノのある1階に上がりましたが、プラネット・ハリウッドはフロントのある地下からエレベータに乗れば、カジノを通らなくてもそのまま客室に行けます))

僕がチェックインしたのは1時過ぎ位だったので、まだホテルのチェックインの時間よりは早かったんですが、問題なく部屋に通してくれました。

部屋に関しては遠慮せずにキッチリと要望は伝えた方がいいです。

英語が苦手という場合は、紙にあらかじめ要望内容を書いておいて、それをフロントの人に渡せばいいと思います。

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。