スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスベガス旅行記(3日目ーその9) パリス・エッフェルタワー ~ 3日目の終わり

STOMP OUT LOUDを観た後、一度PLANET HOLLYWOOD HOTELの部屋に戻ったんですが、まだ時間が早かったので「パリスのエッフェルタワーに登ろう!」という事になりました。

PLANET HOLLYWOOD HOTELとパリスはお隣さんなので移動はすぐです。

パリスのエッフェルタワーに登るには、パリスの1階にあるお土産物屋さんで、チケットを購入します。

それからお土産物屋さんを出てすぐのエスカレータに登り、エッフェルタワーのエレベータへつながっている遊歩道を歩いていくのですが・・・。

エスカレータを登ったところで「エッフェルタワー待ちの人達の大行列」が・・・。

ざっと100人以上はゆうに並んでいます。

「うわ~・・・・。こんなに並んでたらどれだけ待たないといけないんだ・・・」と思ってたら列整理をしてたパリスの従業員の人が「1時間30分待ちです~」と並んでいる人に声をかけてました。

グェ!!1時間30分待ち!!!

1日歩き回った後にジッと立って1時間30分待ちはキツイです。

もし並ぶ前に1時間30分待ちだとわかったら行ってませんよ・・・。

エッフェルタワーには、定員があり、満員になると上の客が降りてこないと次の人が登れません。

なので、列はなかなか進まず、ちょっと進んではじ~っと待つばかり・・・。

結局2時間近く待ちました・・・・。

タワーに登れたのは、夜中の11時30分を過ぎてたと思います。

下の写真は行列の中で待ちながら撮ったパリスのカジノの写真です。

僕が登ったのは平日の夜だったのですが、これが週末となるともっと並ぶかもしれませんね。

エッフェル・タワーに登る場合は、まず「待ち時間」をチケットを買う前に確認してからの方がいいと思います。

ただ、エッフェル・タワーからの眺めはと~ってもキレイでした。

パリスはストリップの中心地に位置しているので、どっちを向いてもキレイな夜景が見えます。

またパリスはベラージオのまん前にあるので、ベラージオの噴水を観るのに絶好のビュー・ポイントです!

北側の夜景です。

トランプ・タワーやベネチアン、遠くにはストラトスフィア・タワーも見えます。

キレイですね~。

南側の夜景です。

ルクソールのビームが光っているのも見えました。

シティ・センターの工事現場です。

大規模な工事ですね。

これが完成するとラスベガスもまた大きく変わりそうな感じですね。

この日は、結局寝たのは2時過ぎになっちゃってたと思います。

僕はカジノにも行きたかったんですが、むちゃむちゃ疲れてたのと、翌日もまたいっぱい歩くだろうし、夜にはシルク・ド・ソレイユのKAがあるので行くのは止めました~~。

スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

ラスベガス旅行記(3日目ーその8) STOMP OUT LOUD

TODAIバフェで慌しく夕ご飯を食べた後は、いよいよ「STOMP OUT LOUD」です!!

STOMP OUT LOUDは、プラネット・ハリウッド・ホテルで公演しているショーです。

ショーの内容は至ってシンプル。

体の一部を叩いたり、デッキ・ブラシやドラム缶、ダンボール箱、新聞紙など身の回りにあるものを叩いてリズムを刻むというものです。

言葉は一切しゃべらないので誰でも楽しめる内容になっています。

下の写真はSTOMP OUT LOUDの会場の入り口です。

僕はチケットをTIX4TONIGHTで購入したので、まずはチケット・オフィスへ行き、TIX4TONIGHTで渡された「チケット引換券」を出して、座席指定されたチケットに交換します。

あとは、そのチケットを持って入場です。

シルク・ド・ソレイユのMYSTEREの方がお金もかかっていて、視覚的には観どころは満載です。

でも、STOMP OUT LOUDのような音楽のショーもいいですね。

体の一部を叩いたり、日常生活の中で周りに転がっている何のへんてつのないものを使って刻むそのリズムはノリがよく、観てて自然に体が動きます。

とっても楽しいショーでした。

何とショーが終わると全員が席を立ちあがり、スタンディング・オベーションが起こりましたよ!

MYSTEREではスタンディング・オベーションはおこらなかったのに。

アメリカ人はああいうリズムが好きなんでしょうね~。

僕は「また観たいな~~」と思いました。

ショーの後は、出演者の人が出てきてくれて一緒に記念撮影してくれます。

真ん中の緑のシャツを着たちょっとオデブなおじさんが出演者です。

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

ラスベガス旅行記(3日目ーその7) 夕食-TODAIバフェ

フォーラム・ショップスで買い物した後、プラネット・ハリウッド・ホテルに戻ってきてから一度、荷物を置きに部屋に戻りました。

それから慌てて、和食バフェのTODAIへ向かいました。

TODAIは、プラネット・ハリウッド・ホテルに隣接しているミラクル・マイル・ショップスの中にあります。

TODAIバフェは、昼間にファッション・ショーのTIX4TONIGHTで、割引チケットを購入してます。

僕としてはバフェはゆっくりと食べたかったのですが、この後7時からSTOMP OUT LOUDを観る事が決まっているので、あまりゆっくりと食事できないのが残念でした。

店内の様子です。

まずは、1皿目。

メニューはシーフードが中心で、お肉はほとんどありません。

写真のお肉は「KOREAN BBQ(コリアン・バーベキュー)」という名前です。

要するに「骨付きカルビ」です。

でも味はイマイチでした。

初日にパリスのバフェで食べたお肉の方が美味しかったです。

目玉はカニです。

カニの種類はパリスのバフェのカニと同じく「日本でいうところのずわいカニ」でした。

ちょっとだけ「タラバカニ」を期待してたのですが、食べ放題ではやっぱり無理でした(笑)

ここのカニは切れ目は全く入っていません。

カニを割るのがあるので、これを使って身を取ります。

でも「タラバカニ」のような殻の厚さが厚いものはいいんですが、このカニのような殻の厚さが薄い場合は、普通のキッチンハサミの方がいいですね。

こちらはお寿司コーナーの写真

お寿司は、カリフォルニア・ロールのような「逆巻き寿司」と「軍艦」が多かったです。

一応「握り寿司」もありました。

「いなり寿司」もありました。

でも、味はやっぱりイマイチ・・・。

日本の100円寿司の方がずっと美味しいです。

「刺身コーナー」もあり、刺身も「マグロ」などがありましたよ。

あと「うどん」もあって、カウンターに行って頼むとその場で作ってくれます。

僕も食べてみましたが、「うん。普通に日本で食べるうどんと同じ味だ」という感じです。

全体的な感想としては、僕はイマイチでしたね~~・・・。

「日本食」として見ると「やっぱり日本で普通に食べた方が美味しい」です。

「アメリカ料理」としてみると「どうにも中途半端」な感じがします。

長期間アメリカに滞在していて、「たまには日本食食べてみたい」という人には「うどん」もありいいのでしょうが、「日本から観光でラスベガスに来た人」にとってはあまりよくないような気がします。

僕はTODAIに行くなら、普通にホテルのバフェに行って「お肉デッカイ~~」「ケーキ甘過ぎる~~!」なんて言いながら食べた方がいいと思います。

TIX4TONIGHTで割引チケットを買っていったので、1人21.95ドルになっています。

でも、TIX4TONIGHTの手数料として1人2ドル支払っているので、実質23.95ドルでした。

定価が27.95ドルなので、安くなったのは4ドルだけですね。

<TODAI バフェの価格>

ランチ:11:30am - 2:30pm

$17.95 (月曜~金曜i)

$19.95 (土・日)

夕食:

$27.95 (月曜~木曜)  5:30pm - 9:30pm

$29.95 (金曜~日曜)  5:30pm - 10:00pm

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

ラスベガス旅行記(3日目ーその6)フォーラム・ショップス

ベネチアンのグランド・キャナル・ショップスから移動し、フォーラム・ショップスに到着です。

フォーラム・ショップスの正面入り口です。

フォーラム・ショップス正面入り口は、3階までの吹き抜けになっていて、開放感があります。

らせん状になっているエスカレータがありました。

こんな形のエスカレータは珍しいですね~。

これは何と三菱電機製のようですよ。

フォーラム・ショップス内にあるレストランのプラネット・ハリウッドです。

お店の中に、プレスリーのそっくりさんがいました。

TIX4TONIGHT`でこのお店の割引券が売られていました。

フォーラム・ショップスは、広いです~。

ゆっくりお店の中までチェックしながら見て回ったら半日以上はかかりそうですね。

超巨大なトロイの木馬です。

デカ~~~イ!!

フォーラム・ショップスの一番奥に、「チーズケーキ・ファクトリー」という洒落た感じのお店がありました。

ここにお風呂用品やら化粧品やらが売ってるお店があって、奥さんが「お土産を買ってくる」という事で、僕は一人で近くのナイキタウンへ行きました。

プレミアム・アウトレットにもナイキのお店がありましたが、フォーラムショップの方は、どれも高かったです。

もし買うならプレミアム・アウトレットの方が断然お得です。

ナイキタウンから出てみると何やら人がワラワラと集まってきてみんなが噴水の近くに座り込んでいました。

「ん???何だ??」と思っていると無料のショーが始まりました。

ショーは、等身大のコンピュータ制御された人形水と火を使ったものでした。

神話を再現したもののようでしたね。

でも・・・・・これはベラージオの噴水とか観た後の僕にとっては、ちょっとチャッチかったです。

下の写真は無料のショーのワンシーンです。

ショーが終わっても奥さんがやってこないので、お店に方に行ってみると奥さんが僕を見つけて何やら「こっち、こっち!」と手招きします。

?????

言ってみると隣には店員のお姉さんが。

奥さんに話を聞いてみると「プレゼントするのに何がいいか聞いてみたんだけど、何を言ってるか全然わからない・・・。誰が英語のわかる人を呼んで来いっていってるみたいなんだけど・・・。」

店員さんの話を聞いてみると、店員さんは「この商品は1個○ドル。でも、このお店にある商品をどれでもいいから3個買ったら○ドルになるので、お得ですよ。」といってました。

あぁ~なるほど。

「3for$15」の説明をしてたのか~。

店員さんに「了解です。ありがとう」とお礼を言って、奥さんに「ここに3For$15」と書いてるのは【3つで15ドル】っていう意味で``、店員さんはそれを説明してくれてたんだよ。」と教えると、奥さんは元気いっぱいにあれこれと物色して、買い込んでました(笑)

下の写真はフォーラム・ショップスとシーザースパレスとつながっている場所です。

シーザーズ・パレスのカジノとつながっているんですね。

奥さんは写真右に移っているCOACHでお土産を買い込んでいました。

フォーラム・ショップは、ラスベガスに行ったら是非訪れたい場所ですね。

雰囲気もいいし、観てても楽しいです。

色々と買い物して奥さんは満足したようなので、シーザーズ・パレスの中を通りつつ、プラネット・ハリウッド・ホテルへ向かう事にしました~。

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

ラスベガス旅行記(3日目ーその5) グランド・キャナル・ショップスからフォーラム・ショップスへ

グランド・キャナル・ショップを観た後は、次の目的地のフォーラム・ショップスへ向かいます。

グランド・キャナル・ショップからストリップへ向かう途中に「マダム・ラッソーの蝋人形」があります。

Madame Tussaudsの公式HP

入場料は25ドルとちょっとお高めです。

でも、行列ができていてとっても賑わっていましたよ。

下の写真は入り口にたたずんでいたニコラス・ケイジさん。

すっごいリアルで気持ち悪いくらいでした。

ストリップからグランド・キャナル・ショップスへの入り口です。

「Purfums」と書かれたところは大きな化粧品屋さんでした。

ミラージュホテルの無料アトラクションの火山です。

現在(2008年07月時点)は、工事中のためお休み中です。

しかし、外はアッツイです!!

真夏のラスベガスはハンパじゃない暑さです。

でも空気が極度に乾燥しているのが原因だと思いますが、汗だくでベチャベチャにはなりません。

ストリップを渡って向こう側へ渡っていきます。

ストリップはフォーコーナーなどに設置されている歩道橋以外に、ところどころ横断歩道があり、向こう側へ行けるようになっています。

フォーラム・ショップスに到着です~~。

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。